債務整理の手続きガイド

生活保護を受けながら自己破産をすることは

生活保護を受けながら自己破産をすることは

生活保護を受けている状態で自己破産をすることができるのでしょうか。
基本的にはこのような状況はあり得ません。
というのも生活保護は借金のある方は受給できないからです。生活保護の目的は借金を返済する事ではなく生活をするためですので認められないのです。
もしも借金をしていても生保が認められるようになれば闇雲に借金をして生保を受けようとする方が増えてしまいます。
しかし借金のある人がどうしても生保を受けたい場合にはどうすればいいのでしょうか。
その時は自己破産をまずして下さい。
そして免責を受けて借金が免除を受けられれば晴れて生保を受けることができます。過去に自己破産の経歴があっても生保は生活を再建するほどの経済力が無ければ認められるものですので関係ありません。
ただし事情があって自力で働けないことが条件です。
破産をする前から会社で働いており、その会社に今も継続して働いている場合には受けられません。
生保を受けるために自己破産をしたい方はとりあえず法律の専門家に相談するのがいいでしょう。
自分ですることもできますが過去にギャンブルをしていた方や浪費をしていた方だとスムーズに認められないこともあります。しかし法律家に依頼すれば認められることも多いのです。
それでは生活保護を受けてから借金をするようになり返済できなくなった場合は自己破産はできるのでしょうか。
これも状況としてはあり得ません。
と言うのも金融業では生活保護を受けている無職の方に融資をすることはないからです。
定期的な収入はあるものの、これは自力で働いて稼いだものではありませんので借りられません。
闇金などでしたら生活保護でも借りることもできますが、その場合は自己破産をする必要もないのです。

そもそも闇金からお金を借りても借金とはなりません、返済義務もないためです。ただし取り立てを受ける場合もあるのでその時は法律相談をするといいでしょう。激しい取り立ては法律違反ですのですぐに解決できます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ