債務整理の手続きガイド

自己破産しても車は持っていられるのか

自己破産しても車は持っていられるのか

自己破産した場合、最低限必要なものを除いては破産管財人のもとで財産はすべて処分され、債権者の債務に応じて分配されます。基本的にはお金に換えられるものは換えて債権者に支払う、というのが自己破産の際の原則となります。
車の場合には、ローン返済中で自己破産に陥った場合には、ローン返済ができなくなった場合の担保として没収される契約になっている場合がほとんどなので、この場合には必要かそうでないかは関係なく、無条件にローン会社に没収されてしまうことになります。しかし、ローンは返済しおわったり、もしくは現金で購入した場合は既に自分の財産となっているので、この場合にはローン会社に没収されるといったことはありません。しかし、基本的には没収され売却されてそのお金を債権者が分配することになることが多いようです。
それは、車が価値のあるものだからです。例え通勤や仕事で必要だと言っても通用しないことが多いからです。車は基本的には売却することでお金に変えられるので、昔からぜいたく品と呼ばれており現在でも税制上は高級品と見なされている傾向が強いものです。その為、自己破産をした場合には車は取り上げられると考えた方が良いでしょう。
さらに、自己破産を申告すれば必ずしも認められるといったものではないので注意が必要です。自己破産するほど借金を作った理由が身勝手な理由で有るとすれば、認められないケースも有るからです。基本的に車を売却しないとなると、誠意が感じられないとして自己破産が認められないケースもあります。
しかし、この状態が続くのは管財人が財産の処分をして借金問題が債権者と和解した後の話です。仕事でどうしても車が必要、車が無いと生活できない、といった場合には自己破産成立後、免責の後で安い中古車などを購入する形にするのが一番良い方法です。高価な財産を管財人が処分を遂行している間は持てなくても、その後債権の免責が確定した後で有れば、購入することが出来るからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ