債務整理の手続きガイド

自己破産における免責とは何か

自己破産における免責とは何か

自己破産の手続きや相談を勧めていく際に必ず目にすることとなる言葉が免責です。
この免責という言葉は自己破産においては最も重要な用語の一つとして扱われるのですが、
ではこれはいったいどういったものなのでしょうか。

 

まず免責という用語の意味についての説明ですが、これは債務者が有する債務を免除し、
返済の義務を無くすという意味があります。
自己破産をすると債務がすべて無くなるというように思われることもあるのですが、
実際には自己破産の手続きを始めた段階ではまだ債務が無くなることが決まったわけではありません。
その手続きの中で自己破産を行うだけの理由が無い、
返済できるだけの理由があるというような判断をされてしまった場合には債務者の権利を守るため、
その申し立てが棄却されることもあります。

 

手続きの中で裁判所がさまざまなことを確認し、債務者が本当に返済不可能であり、
債務があっては今後の生活が出来ないと判断された場合に認められるのが債務の免除、
つまり免責となっているのです。

 

では次に、この免責が認められないケースにはどういったものがあるのかということについてですが、
その代表例となるのが浪費が原因だった場合です。

 

ここで言う浪費とはつまり不要な海外旅行に行くために借りたお金や、
ギャンブルを行うために借りたお金などの場合です。

 

こういった理由によってお金を借りたのであれば、それは自身でしっかりと
責任を取るべきであるという判断が下されるため、免責がされないことがあるのです。
また債権者を害する何らかの意図があったという場合にも免責が認められないことがあり、
例えば自己破産の中で財産を処分されたくないがために財産を隠したり、
いやがらせ目的で家財を破壊したりといったようなことが行われた場合には
自己破産をするに値しないとして判断を下されることがあります。

 

こうしたことについては免責不許可事由として破産法の中で定められていますが、
こうした事実があった場合には、自己破産を行う意味は無くなりますので注意をしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ