債務整理の手続きガイド

債務整理とローン 審査について

債務整理とローン 審査について

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理があります。自己破産は法律で定められた制度であり、裁判所に申し立てる事により、債務の支払いを免れる制度です。自己破産を申し立てれば、必ず債務から逃れられると思われる方もいますが、債務を作ってしまった理由によっては免責が認められない場合があります。ギャンブルが原因の場合等です。また、自己破産は、所有している資産を処分しなければなりません。民事再生も同様に裁判所に申し立てる法的な制度です。民事再生が認められれば、債務を大幅に減額する事が出来、自己破産のように、所有している高額な資産のすべてを処分する必要はありません。その代わりに住宅ローンは免除されません。また、減額された債権は3年で支払いを完了させなければなりません。任意整理は、弁護士、司法書士が代理人となり債権者と交渉し、債務の減額、利息交渉等を行い、交渉後の債権を支払って行く方法です。任意での和解となりますので、債権者によっては、和解交渉が不調となる事もあります。
これらの債務整理は、個人信用情報に情報として蓄積されるため、ローン 審査に影響があります。支払い後、5年程度はローンが組めないと覚悟したほうが良いでしょう。債務整理により、個人信用情報上に移動情報が記載され、入金履歴も異状入金の扱いとなります。異動情報や入金履歴異状があれば、どこのクレジット会社も消費者金融も銀行も否決となる可能性が高いです。これらの個人信用情報は、債務が完了してから5年でデータが削除されます。支払い完了、または自己破産免責後、5年が経ったとしても、債務整理の際に契約があった金融機関と再契約する事は難しいです。事故案件として、社内データーに情報が蓄積されており、5年や10年ではそのデータは無くなりません。よくテレビなどで債務整理のCMが流れていますが、債務整理の際も、債務整理が終わった後も生活が制限されますので、よく考える必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ