債務整理の手続きガイド

債務整理と信用情報の関係とは

債務整理と信用情報の関係とは

債務整理は債務問題を抱えてしまった人、借金を返済できなくなってしまった人が人生の再建を図るために認められている制度です。
何らかの事情で収入が減ってしまって借金を返済できなくなった等の場合には、ただ諦めてしまうよりもまず債務整理を検討することが最も良い方法となるのですが、この債務整理を行うことにはいくつかのデメリットもあります。
その際に特に注意したいデメリットとなるのが、信用情報に掲載されるということです。
信用情報とはそれぞれの債務者が今まで金融機関を利用してきた中でどういった利用をしてきたのかということを示す情報です。
情報の中にはさまざまなことが記録されており、いつどこからお金を借りたのか、いくら借りたのか、返済が遅れることはなかったかといったようなことが記録されています。
そしてこれらの信用情報は金融機関が融資の判断をするという際には必ずチェックする情報となっており、ここに問題があったのであれば、融資をしてもらうことはかなり困難になると考えておかなくてはなりません。
そして債務整理はどのような方法であったとしても、一定年数信用情報に記録されることとなるのです。
では実際にどれくらいの期間記録されるのかというと、これはそれぞれの信用情報を管理する機関によって異なります。
現在の日本国内で情報を管理している機関にはJICCとCIC、全国銀行個人信用情報センターの三つがあり、JICCとCICの場合は5年間として定められています。
しかし全国個人信用情報センターでは10年以内という規定がされていますから、かなり長い間、情報は残り続けるとして考えておくべきでしょう。
規定年数が経過すれば債務整理の事実は信用情報から抹消されるとはいえ、情報が記録されている間は一切の借金が出来なくなってしまいます。
人によってはそれが原因となってその後の人生設計が大きく狂うこともありますから、債務整理を検討する際にはかならずこうしたことを事前に考えておくようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ