債務整理の手続きガイド

債務整理の手段としての任意整理の特徴

債務整理の手段としての任意整理の特徴

任意整理は債務整理の手段の一つであり、いくつかある手段の中でも最も簡単にできるものとされています。
そのため返済不可能ではないほどの債務の債務整理を検討する際にはまず候補になる方法なのですが、それでは債務整理の手段としての任意整理の特徴にはどういったものがあるのでしょうか。
まず申し立てを行う際の要件から見ていくと、任意整理は何の条件も無く、ただ債務者が債権者に対して申し立てをすれば開始することができます。
この際には債務者がどの相手に対して申し立てをするかを選ぶことができますから、ある会社に対しては申し立てをするが、その別の会社に対しては申し立てをしないというような選択もできます。
そのためキャッシング会社に対しては任意整理を申し立て、自動車ローンのローン会社には申し立てをしないという選択が可能となり、かなり柔軟な債務整理ができるというメリットがあります。
加えて裁判所が仲立ちをするわけではないために官報に掲載されることも無いなどのメリットもありますから、これらのメリットがあるということの意味は決して小さいものでは無いでしょう。
しかしその反面デメリットもいくつかあり、特に無視できないデメリットとなるのが、債務整理としての確実性は低いということです。
債務整理の目標は申し立てを行うことでは無く、債務を減免してもらうことにあります。
そのため債務の減免が出来ないのであれば行う意味が無いのですが、任意整理の場合は債権者が債務の減免に同意をしなくては債務整理が成功しません。
そして普通に考えれば、債権者が返済してもらう金額を一方的に減らされることに合意をする可能性は低くなりますし、債務者が申し立てをする債権者を選べるという性質がある以上、自社だけが不利益を被るかもしれないという考えも出てきます。
そういった状況では、よほど上手く交渉をしない限りは債務の減免には至れないでしょう。
特に最近だとそもそも任意整理には応じないという形で経営をしている金融機関も少なくなく、そうした金融機関に関してはそもそも任意整理を債務整理の手段として選ぶことができないということにも注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ