債務整理の手続きガイド

個人再生を行った後の住宅ローンの状況

個人再生を行った後の住宅ローンの状況

多くの債務を抱えて返済が出来なくなった人を救済する法的な処置が債務整理です。
債務整理には、種類がありますがマイホームを失いたくない人が出来る債務整理の方法が個人再生です。
自己破産をすると借金は全て無くなりますが、マイホームを手離さなくてはいけません。
個人再生後には、住宅ローン以外の借金は減額する事が出来ますが、住宅ローンは減額する事が出来ずそのままの金額が残ります。
個人再生は裁判所での手続きを通じて、現在の借金のうち大幅に減額される事がメリットです。
減額された借金を3年掛けて返済していく債務整理の方法です。
他の借金が減額される事で、住宅ローンがそのままでも返済出来る人にはマイホームを守る事が出来る債務整理です。
また個人再生の手続きをした旨を業者に通知する事で、業者からの取り立てがなくなり、貸金業者による給与の差押えなどの強制執行を中止させる事も出来ます。
業者からの取り立ては、債務がある人にとっては辛いものでこの取り立てが無くなる事で精神的には大きなメリットです。
また自己破産申し立てとは、異なり住宅建物取引主任者、旅行業務取扱主任者、生命保険外交員、損害保険代理店、警備員などの資格を失わずに済むのも個人再生のメリットです。
また個人再生後に完済した後に、住宅ローンを組もうとすると、5年以上経過していれば住宅ローンを組む事が出来ます。
しかし、完済した後であっても新たに返済の遅れや滞納が発生した場合には、住宅ローンに審査に響く事があります。
この手続きは住宅ローンなどを除く債務整理の総額が5000万円以下の個人債務者で将来において一定の収入を得る事が見込まれる時に利用出来ます。
一定の収入が無い場合には、利用出来ない債務整理でもあります。
同じ様に不動産を残したままの債務整理としては、任意整理がありますが個人再生はマイホームに住みながら元本を大幅に減額出来るので大きなメリットがあります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ